■プロフィール

morimori

Author:morimori
FC2ブログへようこそ!
東京の下町で酒屋をやっています。
山歩き、写真が趣味です。
アマチュアー無線7K2VMY
1級小型船舶操縦免許

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
乗鞍高原散策
雨飾高原にキャンプしていた私たちでしたが、温泉に入りたいなという話になり、T氏のなじみの宿に急きょ移動することになった。途中に亀池を車中から見物して小谷温泉入り口から148号線は姫川の源流目指して緩やかに登りながら南下する。途中には白馬、栂池、八方などスキー場の案内が目につく。青木湖、木崎湖などを右に見ながら大町に入るころには暗くなる。果たしてどこまで行くのかT氏の案内どうり走っています。どうも乗鞍高原に向かうらしい。到着は8:30を過ぎるころだろう。大王わさび田の看板がヘッドライトに浮かぶ。松本の梓橋を渡った、やっと頭の中にコースが浮かんできました。地理不案内の夜間に走るのはつかれる。思い出の新島々駅前を過ぎ上高地の案内板を時々見ながら山中を右に左にと走り、8時も回ったころいくつかのトンネルをくぐりトンネルとトンネルの間を左折、乗鞍高原入口の案内を見て安心した。なおも真っ暗闇の中つづらに登るうちにロッジ風の建物やら、スキー場の建物が現れてきた。なをも登るとここだという旅館の玄関先に車を止めた。白樺の㽵という温泉が自慢の宿でした。白骨温泉と同じ白濁した湯があふれています。湯は後にして、さっそく食事に取り掛かる。もう9時になる。この宿は皆さんよく利用しているらしく、親戚の家のように接しています。どうりでいきなりの宿泊も遅い食事もできるわけです。あふれ出る乳白色の温泉につかり、山の疲れをいやす、極楽ですね。明日は乗鞍高原の散策をしよう。

DSC01022.jpg


2015-08-25,10.40.26

秋の紅葉のころは美しいでしょうね。牛留池


2015-08-25,10.08.40

2015-08-25,10.18.24
(昔々、善五郎という者がこの滝つぼで大イワナを釣り上げたそうな。神の化身であった大イワナは怒って善五郎を滝に飲み込んでしまったそうな。憐れんだ村人が滝に打たれて手を合わせ弔ったそうな。)滝の中に手を合わせている人と地蔵さんが居るそうです。わかりましたか? 善五郎の滝

2015-08-25,11.17.48

2015-08-25,11.38.12

わが憧憬の山雨飾山と乗鞍高原の一端を写してみました。どうですこの疲れた顔笑ってください。
2015-08-24,09.00.24

スポンサーサイト
山歩きと写真 | 23:57:19 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。