■プロフィール

morimori

Author:morimori
FC2ブログへようこそ!
東京の下町で酒屋をやっています。
山歩き、写真が趣味です。
アマチュアー無線7K2VMY
1級小型船舶操縦免許

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
蔵を訪ねて軽自動車爆走
 阿賀野川と常浪川が合流するところに名峰・麒麟山があります。見下ろす常浪川の川岸に名酒・麒麟山の蔵はあります。
kirinzan002m.jpg

荒川区をPM11時過ぎに出発3時間ほど走った、那須高原SAで仮眠する。日の出とともに走り出す。那須岳は雲の中で見られず。郡山JCから磐越道の入る。
banndaisann

中山トンネルをぬけると磐梯山が見えてくる。今日は雲に山頂は隠されてしまった。会津若松を過ぎると、トンネルの多い山の中を走る。津川IC下りたのはAM8時を少し廻った頃で、蔵との約束には少し早いので、コーヒータイム。
kirinzan010m.jpg

麒麟山酒造社長さんと歓談の後、社長さん運転のアルファロメオに乗って酒造蔵に向かう。kirinzan021m.jpg

町の通りは雁木の続く雪国らしいたたずまいです。その一角に蔵はありました。10数年前に訪ねたことがありますが、忘れていました。蔵では製造部長(杜氏)さんが蔵を案内してくれました。
kirinzan030m.jpg

麹室では麹菌をつけていました。白衣に着替え、キャップをかぶり、手を消毒して、部屋を変わるたびに履物を変えます。杜氏さんの詳しい説明を聞いても、何分の一しか分りませんが、なるほどと納得。
いい酒にするには、このとき大事なのは酒造りに適した酵素を作り出すことだと聞きましたkirinzan035m.jpg

酒母室にて杜氏さんのお話を聞く。
kirinzan036m.jpg

酒母タンクの中では酵母菌が大活躍しています。乳酸の働きが酵母菌を助けます。
kirinzan025m.jpg

仕込タンクです。この中で元気な酒母は3段階で増量され、酵母菌が糖分をアルコールに変えていきます。
kirinzan 003s

杜氏さんも米造りをしています。いい酒米を造るには大変な努力が要るようです。麒麟山酒造では五百万石を母方に,山田錦を交配した「越淡麗」という酒米を杜氏さんを初め、熱心な生産者が集まり、酒造米の生産に励んでいますこれは純辛という純米吟醸酒です。新潟酒の特徴である淡麗から口のさけです。
kirinzan046m.jpg

常浪川の向こう岸に麒麟山酒造の本社が見えます。AM11時そろそろ蔵を辞する時間です。蔵を出て城山橋を渡り、麒麟山の麓に来ました。
kirinzan047m.jpg

折から雪降りが激しくなってきました。麒麟山は紅葉時期は見事で観光客でにぎわうそうです。5/3には津川の「狐の嫁入り」という行事があり、大変賑やかだそうです。
kirinzan051m.jpg

津川の麹やさん(宮川)で味噌漬けを買いましたが、大変美味しかったです。
津川ICから磐越道に入ると、会津に入るまで雪が降り続きました。いくつものトンネルをくぐり、会津盆地にはいる最後のトンネルをぬけると、青空で雪面がまぶしい。磐梯高原SAで昼食をとり、あとは一気に東京を目指してひた走りました。
スポンサーサイト


酒屋のつぶやき | 20:07:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。