■プロフィール

morimori

Author:morimori
FC2ブログへようこそ!
東京の下町で酒屋をやっています。
山歩き、写真が趣味です。
アマチュアー無線7K2VMY
1級小型船舶操縦免許

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初夏に雪を掘る
やっと入り口が開きました。
清酒「荒澤岳」が埋まる、新潟県湯之谷村銀山平はまれな豪雪で、道路以外にはまだかなりの積雪がありました。12月の酒の運び入れは大変だったようです。12月には記録的大雪が降りすでに3mの積雪でした。4月はまだ2mの積雪でした。北の又川のおくの平原では、クロカンスキーをしていました。
一昨年は中越大地震で、大打撃をこおむった蔵は今年こそ起死回生、すばらしい酒を埋めてくれました。掘り出した「荒澤岳」は「伝の助の湧き水」と同じように森の緑を飲むような、フルーティなのど越の良い、まろやかな辛口酒で、深い味わいがありました。
スポンサーサイト


酒屋のつぶやき | 22:40:27 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
初夏に雪堀
 銀山平は春と秋しか知りませんが、人里は慣れた桃源郷にも思えます。春の新緑、秋の紅葉のすばらしさ、拙い文章では伝えられません。俗化されない山の美しさはすばらしいですよ。人工林(針葉樹の植林)らしきものは一つも見られません。江戸時代銀山が発見され明治までは1万人もの人が出入りしていたとは思えません。大きな集落もそのときあったようですが、みな朽ち果てたのか、痕跡も見ることができません。昭和の時代に銀山湖が誕生して、すべて湖底に沈んでるかと思います。銀山平は荒澤岳、平が岳の登山基地でもありますが、いずれも簡単ではありません。伝之助小屋に泊まると平が岳日帰りの案内をしてくれます。よしよしさんのところからはかなり遠いいですが、訪れてみてください。
2006-06-20 火 23:11:51 | URL | morimori [編集]
morimori さん こんにちは

新作のご案内をありがとうございます。

雪が残る山のいい雰囲気が伝わってきました。
知り尽くした銀山平を闊歩するmorimori さんの雄姿を想像します。
山を眺めながらの岩風呂は最高でしたでしょうね。
私も八幡平で入った雪の中の露天風呂を思い出しました。
お酒は完売でで良かったですね。、緑のお酒を思い出します。
morimori さんの笑顔も最高!です。

ついでに私も登った北岳や登れなかった赤岳を拝見しました。
雪の赤岳はすばらしいですね。

私の写真が載っている写真集というと、「花舞台」でしょうか?
風花の会のお陰で、夢が実現しました。

また、掲示板も復活してほしいです。
私の利用させてもらってる、掲示板は無料ですが、あまり変なコマーシャルは入ってきません。それと、変なカキコミは削除してくれてるようです。

久しぶりの新作、見応えがありました。
また、お願いします。
2006-06-20 火 14:29:06 | URL | よしよし [編集]
雪中貯蔵酒
 kuroさん、こんにちわ。
いい笑顔でしょう。半年ぶりにご対面~した酒、つい笑みがこぼれてしまった!0℃の暗闇で静かに過ごした半年が、新酒時のフレッシュさを残しながら、荒々しさが消え、穏やかないい酒に生まれ変わっていました。同じ酒を冷蔵庫で半年保管したものと、比べて飲みましたがその違いに驚きました。杜氏さんの嬉しそうな顔が思い浮かびます。kuroさんのお仕事にも秘伝があるのでしょうね。酒は即完売しました!!
2006-06-20 火 13:17:32 | URL | morimori [編集]
雪室貯蔵酒
 山画新内太夫さん、こんにちわ。
八ヶ岳のツクモグサをはじめて見ました。八ヶ岳は花の多い山なんですね、無雪期に出かけてことがないので知りませんでした。ありがとうございます。
2006-06-20 火 12:47:51 | URL | morimori [編集]
とってもいい笑顔ですね
野天風呂に入って・・いっぱいやっか♪(笑)
2006-06-20 火 07:50:42 | URL | kuro [編集]
morimoriさんご無沙汰しております。
私の掲示板に写真入りカキコ有難う存じます。
さて、雪室の酒とはまさに甘露でしょうね。
さぞ美味しい味なんでしょうね。
酒好きな私なんぞ涎が出そうです。
雪室の近くに登山口があると言う荒澤岳は三百名山の番外編で一番最後に登った事がありますが、鎖場があり変化に富んだ難易度の高い山でしたね。
その点一昨日夏沢鉱泉(2050m)迄オーナーの車で入れ、三味線だけ背負子にくくり付け登った硫黄岳(2760m)&硫黄岳山荘(2650m)は標高差600mですので、3時間もあれば登れますのでそんなに大変ではありません。
6/18は雨で横岳迄行きませんでしたが、下山途中の赤岩の頭手前のざれ場で、運よく横岳に沢山群生の筈のツクモグサにお目にかかる事が出来ラッキーでした。
それでは。
2006-06-20 火 01:24:25 | URL | 山画新内(蕎麦)太夫 [編集]
のりたけさんいらっしゃい
 こちらこそご無沙汰しておりました。のりたけさんにお越しいただき光栄です。ぼちぼちやっていますので、ご指導よろしくお願いいたします。のりたけさんのすばらしいページは復活されたのでしょうか?
2006-06-19 月 21:15:44 | URL | morimori [編集]
毎日一合の酒
ご無沙汰でした。スッキリした良いブログですね!お邪魔する楽しみできました。最近は一合の晩酌を楽しむようになりました。日本酒党なのですが、サラッとしたフルーティーな舌触りを好みます。辛口が良いですね!!燗より冷酒党です。
2006-06-18 日 06:43:33 | URL | のりたけ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。