■プロフィール

morimori

Author:morimori
FC2ブログへようこそ!
東京の下町で酒屋をやっています。
山歩き、写真が趣味です。
アマチュアー無線7K2VMY
1級小型船舶操縦免許

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
富士の見える山 
富士山の西に位置し、山梨県身延を流れる富士川の谷と田貫湖、白糸の滝などの静岡県富士宮市朝霧高原をの間に山脈を形作っている。本栖湖南岸から竜ヶ岳、雨が岳、たかどっけ、毛無山山塊、なを西に向かって天子山塊などの山脈を連ね駿河湾に没する。いずれも富士山展望の山として有名です。特に竜ヶ岳は正月前後の数日はダイヤモンド富士が見られるので人気の山です。私も数年通いました。昨年からこの山脈の最高峰1964m毛無山に登っています。2泊三日の幕営山行時に写した写真です。

_DSC2495 (1)
朝霧高原ふもとっぱらより入山しました。登山口からもう荒れています。
_DSC2499.jpg
岩石が重なる急登を上ります。
_DSC2508.jpg
尾根道のキレ落ちた深い谷底に不動滝が見えています。かなりの落差です。
_DSC2510.jpg
登山道には合目標識が九合目まであり、どのくらい登ってきたか確認できます。この上に少し開けた場所があり、数人の登山者と初めて会いました。話を聞くと山頂までは時間的に無理なので富士見台という露岩の展望が利く場所辺りで下ってきたらしい。山中には私一人らしい。
_DSC2517 (1)
八合目辺りです。陽が陰ってきました。九合目からは傾斜が緩くなるらしので、明かりのあるうちに着きたい。ヘッデンを頼りに主脈稜線に上がってきました。木々の隙間にテントスペースを見つけ、設営しました。テントの中は極楽です。
_DSC2522m.jpg満点の星を仰ぎ見て、下界の街の明かりに癒されて明日も好天が続くようです。早々とシェラフに潜り込みました。ジッポの懐炉を靴下に入れ、いい夢が見れそうです。
_DSC2525m.jpg
04:30には目が覚めてフライを跳ね上げれば中天には月が無数の星が瞬いています。日の出まではまだ時間があります。カメラ機材、行動食、テルモスには熱湯を入れ毛無山最高点に移動します。どこかロケーションのいいとこで写すことにします。
_DSC2570 (1)m
山頂近くの展望の良いかやとの原で三脚を構える。気温-5度、07:01日の出です。見えるものすべてが躍動を始めます。太陽の力ってすごいですね!
_DSC2584m.jpg
07:11朝霧を輝かせて、日が昇る。
_DSC2591m.jpg
かやとの原、灌木の林を抜け主脈縦走路を行く。大見岳まで行きましたが、どこが山頂かわからずただ尾根どうしのふくらみにでした。
_DSC2600m.jpg
毛無山最高点です。この岩の上がそうでした。全然山頂らしくなくつまらない。
_DSC2616M.jpg
南は展望が開けて、手前の山並みは天子山塊遠くには南アルプス南部の山が連なって見えます。
_DSC2626m.jpg
山稜の西側は森で視界が悪く唯一この岩を上るとアルプスの展望が開けました。北アルプス展望台と標識がありますが、眼前に広がる雪をかぶった山々は右の方北から甲斐駒ヶ岳、北岳の白峰三山から始まり聖までよく見ることができました。
_DSC2620m.jpg
画面の右端のかすんだあたりに遠く北アルプスが見えるのかもしれません。
_DSC2634m.jpg
憩いの宿です。コンロの具ワイが悪くろくな食事しかできませんでした。行動食はたくさん持っていったので助かりました。

_DSC2642m.jpg
山頂辺りでうろうろと写し回りました。そろそろテントを撤収して下山を始めたのは10:05でした。登ってきた道を左に見て、南にまっすぐ急降下です。北側の地蔵峠です。きゅう地蔵峠はここから金山方面にもう少しです。
_DSC2647m.jpg
この地蔵峠からは木立に邪魔されることなく富士山が良く見えます。
_DSC2653m.jpg
金山沢への下降点の地蔵峠です。双体地蔵様が祭られていました。ここからの下りは見るからに歩きにくそうです。岩くずが重なりガラガラと崩れます。日本一土石流が発生する沢だそうです。天候不安な時は下山できないそうです。
_DSC2658m_20160209203506cef.jpg
ガラガラの岩くずを踏んで山腹を巻いてきました。ここで金山沢に下りました。
_DSC2665m_2016020920350963f.jpg
金山沢は大変な荒澤で大岩がゴロゴロルートを探しながら下ります。左岸の木立を頼りにここから山腹のルートを探します。
_DSC2719m.jpg
最近目が悪くなり左右の視力に差がありすぎるのか、足元の遠近が分かりずらくがくっと足を滑らすことがあります。特に下りは滑ったら怖いです。足場の悪い急斜面ストックもフル活用して下ります。谷の中暗くなるのが速いです。道のはっきりしない沢を暗闇で下るのは危険が伴います。下山には1時間ぐらいと思いましたが、安全のためビバークすることにしました。
_DSC2734m.jpg
朝になって見回すと下りルートが分かりずらく、ヘッデン頼りに下らなくて正解でした。明るい中でも沢の渡渉や高巻きを繰り返すのは困難なほどでした。
_DSC2671m_201602092035106b5.jpg
江戸時代に使われていた金山の溶鉱炉なども山中にありました。

_DSC2737m.jpg 
やっと分岐まで下りてきました。もう少しの林道歩きで麓です。 今回の山行はかなりエキサイティングで面白かったです。
_DSC2776m.jpg
山中でも江戸時代の金山のあとを見ましたが、林道にも近代の金山跡がありました。
_DSC2788m.jpg
麓宮です。登るときにはお賽銭と登山の無事をお願いいたしました。無事帰ってきました。
_DSC2803m.jpg
ふもとっぱらの駐車場です。ぽつんと停まっていました。ワイパーに駐車料の請求書が、(株)ふもとっぱらの事務所によって払ってこよう。毛無山はこの会社の持ち物なんです。すごいですね。

_DSC2812m.jpg
ふもとっぱらの広大なキャンプ場です。
_DSC2845m.jpg
事務者に寄り駐車代を払います。お茶などご馳走になり、茶菓子までいただきくつろいでしまいました。手伝いの娘さんです。山岳マラソンの選手です。同じガスコンロがあったのでここで買いました。
_DSC2842m.jpg
彼女の作った可愛いどんぐり人形です。
近いうちに訪ねて、奥様に毛無山山頂での日の出写真をプレゼントしよう。


山歩きと写真 | 23:49:23 | Trackback(0) | Comments(0)
晩、秋の上州武尊山
少し大きい文字_DSC2321m_20160127011753c63.jpg

_DSC2329m_20160127011755b00.jpg

_DSC2336m_20160127011756826.jpg

_DSC2346m_2016012701175718f.jpg


_DSC2360m_2016012701175942b.jpg

_DSC2375m_20160127012004ced.jpg

_DSC2390m_2016012701200664a.jpg

_DSC2400m_20160127012007ec8.jpg

_DSC2303m_201601270120086dd.jpg
11月の初旬群馬県沼田の川場村にある永井酒造さんで酒林作りの会がありました。蔵の裏にそびえる山、上州武尊に登ってきました。何度も途中までは歩いていましたが、今回は山頂まで行きたくて、川場野営場で車中泊。早朝に出発して山頂を目指します。いつ雪が来てもおかしくない時期ですが、気温が高く登りには汗ばむ陽気になりました。山中には私一人のようです。写真撮影を楽しみながらのんびりと登ります。ひとしきりの急騰のあと、花咲からの尾根に上がれば勾配も緩やかになり林間からは周りの山々を眺めながらの楽しい山歩きです。スキー場が右にあります。ここから再び急騰が始まりロープのある岩場もありました。実に静かです。前穂高山頂は日本武尊の銅像が祭られていました。南には遠くに富士山を眺めることもできました。北には至仏山,又耳峰でそれと分かる燧岳東に目を写してゆくと日光白根に始まり錫が岳、皇海山、袈裟丸などの連山が近い。西は武尊の山やまが連なっています。餅を焼いたり味噌汁を飲んだりして至福の時を過ごす。剣が峰は崖をめぐらした山城のようです。その先は奥武尊まで緩やかに登り下りています。奥武尊から登山者に初めて行き会いました。最近の私の足ではここいらで引き返さないと下山が暗くなり難しくなるので残念ながら引き返すことにする。川場野営場に下りてきたのは16時を少し過ぎていました。二日間の汗を山間の温泉でのんびりと過ごして帰路のつきました。大きい文字

山歩きと写真 | 23:39:28 | Trackback(0) | Comments(0)
秋深まる霧ヶ峰
_DSC2129.jpg
_DSC2125.jpg
_DSC2124.jpg
_DSC2079.jpg
_DSC2114.jpg
_DSC2064.jpg
_DSC2129.jpg




山歩きと写真 | 21:17:10 | Trackback(0) | Comments(0)
上州武尊


山歩きと写真 | 18:57:52 | Trackback(0) | Comments(0)
宝剣岳
_DSC2044.jpg
_DSC2036.jpg
_DSC2033.jpg
_DSC2009.jpg
_DSC8676.jpg



続きを読む >>
山歩きと写真 | 17:18:35 | Trackback(0) | Comments(0)
乗鞍高原散策
雨飾高原にキャンプしていた私たちでしたが、温泉に入りたいなという話になり、T氏のなじみの宿に急きょ移動することになった。途中に亀池を車中から見物して小谷温泉入り口から148号線は姫川の源流目指して緩やかに登りながら南下する。途中には白馬、栂池、八方などスキー場の案内が目につく。青木湖、木崎湖などを右に見ながら大町に入るころには暗くなる。果たしてどこまで行くのかT氏の案内どうり走っています。どうも乗鞍高原に向かうらしい。到着は8:30を過ぎるころだろう。大王わさび田の看板がヘッドライトに浮かぶ。松本の梓橋を渡った、やっと頭の中にコースが浮かんできました。地理不案内の夜間に走るのはつかれる。思い出の新島々駅前を過ぎ上高地の案内板を時々見ながら山中を右に左にと走り、8時も回ったころいくつかのトンネルをくぐりトンネルとトンネルの間を左折、乗鞍高原入口の案内を見て安心した。なおも真っ暗闇の中つづらに登るうちにロッジ風の建物やら、スキー場の建物が現れてきた。なをも登るとここだという旅館の玄関先に車を止めた。白樺の㽵という温泉が自慢の宿でした。白骨温泉と同じ白濁した湯があふれています。湯は後にして、さっそく食事に取り掛かる。もう9時になる。この宿は皆さんよく利用しているらしく、親戚の家のように接しています。どうりでいきなりの宿泊も遅い食事もできるわけです。あふれ出る乳白色の温泉につかり、山の疲れをいやす、極楽ですね。明日は乗鞍高原の散策をしよう。

DSC01022.jpg


2015-08-25,10.40.26

秋の紅葉のころは美しいでしょうね。牛留池


2015-08-25,10.08.40

2015-08-25,10.18.24
(昔々、善五郎という者がこの滝つぼで大イワナを釣り上げたそうな。神の化身であった大イワナは怒って善五郎を滝に飲み込んでしまったそうな。憐れんだ村人が滝に打たれて手を合わせ弔ったそうな。)滝の中に手を合わせている人と地蔵さんが居るそうです。わかりましたか? 善五郎の滝

2015-08-25,11.17.48

2015-08-25,11.38.12

わが憧憬の山雨飾山と乗鞍高原の一端を写してみました。どうですこの疲れた顔笑ってください。
2015-08-24,09.00.24

山歩きと写真 | 23:57:19 | Trackback(0) | Comments(0)
雨飾山と乗鞍高原は冷気が漂い
今年の夏休みは3日とれたので、連泊で山歩きをしたくなった。今まで行ったことのない山域を探すうちに雨飾山に決めた。だいぶ昔に写真展で雨飾山の魅力を強烈に感じたのがこの山にしようという理由です。夏なお消え残る雪渓のブリッジの下から見上げた布団菱の岩峰滴り落ちる水滴、山肌の新緑には心奪われました。私にも写すことができるだろうか、期待にあふれる山行です。そんな話に山の大先輩も乗ってくれました。楽しい山行になりそうだ。私の小さな車に4人と山道具で後ろも見えない荷物です。
山の話で盛り上がる車中、ジャンクションを見過ごして、外環から関越道に行けず、佐野まで東北道そして北関東自動車道で高崎IC上越道を後戻りして信越道に入りました。そのあとも長野ICで降りてから迷い、鬼無村の山中では土砂崩れで通行止め。あちこちと迂回しながら白馬に出れば後は順調に小谷温泉、雨飾り温泉を通り雨飾り高原キャンプ場到着。いや、走りまくりました。N先輩、T氏、その奥様、私で手っ取り早く幕営の準備終了。涼しい高原の風が心地よい。最高においしい高級レストランに負けないカレー料理に盛り上がり楽しい夕飯でした。明日の活動を考え、9時には就眠。私一人みんなより早く起きて雨飾りを目指して5時出発。暗闇の中登山口から一時下り、渓谷の木道を歩きます。木道が終わるころ明るくなりブナの森の中、急登が始まります。ブナの木々が緑の天蓋をつくり気持ち良い朝です。急登がゆるみ眼前に雨飾山の布団菱の岩峰が飛び込んできた。岩菅沢の残雪が少し見えます。ここから少しの間、急降下です。岩菅沢は冷気が漂い、冷蔵庫の中のようです。ここでしばらく写真を写し、雪渓の横で朝飯にする。ポケットコンロで湯を沸かしカップ麺を作り始めた、なにかたりない。車に昼食用のパンやその他行動食を忘れてきてしまった。わずかにソセージ1本、アーモンドチョコ1枚だけだ。でも朝食のどん兵衛が食べられたのは幸いです。ここから山頂まで2時間半、下り4時間これだけで大丈夫かな、沢の水だけでも汲んでいこう。又急登が始まりました。相変わらず霧で山頂は見えません。笹平まで上がり山頂の霧が開けるのを待つことにして、三脚を立てカメラを据える。コーヒーを飲み、ソセージを食べながら少しでも山体が見えないものかと待ちつづける。あきらめて腰を上げ山頂をめざして笹原を緩やかに登りはじめる。相変わらず霧が深い。12時を回った。仲間には3時には下山と言ってきたので、タイムリミットかな、下山を始める。笹平の下りは梯子あり、ロープありの下降と滑りやすい土と岩のミックスで疲れる。荒菅沢の上まで来たがまだまだ下降が続きます。そろそろシャリバテのありさまです。水をがぶがぶ飲んで紛らわす。沢には2人ほど休んでいた。火照った体を冷たい沢の水で拭く、最高の気持ちよさ。ここから再び登り返す。CQ,CQ、こちら7K2VMY。7K2CBY応答願います。高原にいるN氏を山頂にいるときから呼ぶが、すぐ切れてしまう、電池を交換していなかった。しまった。今回の山行は最初からトラブル続きです。なお下山時刻に戻ろうと焦ります。急な下りはつかれます。歳にはかなわないのかな、帰ったら歩きを多くして頑張ろう。やっと木道に下りてきてほっとしました。水芭蕉の葉がものすごく大きい。綺麗な流れが下を流れています。予定より1時間半の遅れでした。皆さんかなり心配していたようです。反省。明日は乗鞍高原散策です。
DSC01002.jpg

DSC00997.jpg

2015-08-24,07.49.20

2015-08-24,08.09.48

2015-08-24,09.06.26

2015-08-24,10.47.18

2015-08-24,12.28.32

2015-08-24,10.53.44



2015-08-24,10.51.46_2

2015-08-24,10.20.40

2015-08-24,10.13.00

2015-08-24,10.27.20



続きを読む >>
山歩きと写真 | 11:14:38 | Trackback(0) | Comments(0)
石裂山オザクサン
石裂山に出かけませんかとのお誘いを受け、15年ぶりで鹿沼の山を楽しみました。低山ながら手ごたえのある山で、十分楽しめました。

_DSC7790.jpg
_DSC7859.jpg
_DSC7845.jpg
_DSC7825.jpg
_DSC7898.jpg

山歩きと写真 | 16:28:46 | Trackback(0) | Comments(0)
矢倉岳
金太郎が産湯をつかったといわれる夕日の滝を見物してから、富士山頂に落ちる夕日を写そうと矢倉岳に登ってみました。山道にはイノシシがほじった穴がたくさんあり、東京に近い割には自然美あふれる山でした。
_DSC7685_2015071216044465a.jpg
_DSC7726.jpg


山歩きと写真 | 16:14:39 | Trackback(0) | Comments(0)
氷瀑「雲龍瀑」
_DSC7010m
長い林道歩きが続きます。
_DSC7016m 
眺めの良いところまで来ました。まだまださきです。
_DSC7036m
林道のどん詰まりまで来ました。ここから渓谷に下ります。
_DSC7041m
雲龍瀑までは渡渉を繰り返します。
_DSC7047m
氷柱、氷壁が現れてきましたが、まだ滝は見えてきません。
_DSC7055m
途中の氷瀑も見事です。
_DSC7060m
見事な氷柱です。
_DSC7067m
巨大なつららです。落下してるつららが恐怖心をあおります。ヘルメットは気休めですね。
_DSC7079m
気温が高くなると、岸壁からはがれて落ちてきます。午前中の行動が肝心です。
_DSC7084m.jpg
雲龍瀑を目の前にして、至福のひと時。うまかった~。
_DSC7111m
誘っていただいた、古河市山の会のなかまです。
_DSC7123m
雲龍瀑 圧巻です。
_DSC7134m
小さな竜が3匹。
_DSC7128m
氷の宮殿から滝を見る。
_DSC7152m
さまざまな氷の芸術が見られました。
_DSC7156m
巨大な氷壁に送られて、雲龍渓谷を後にしました。帰りは谷如何しに下りましたが、スリルのある場所がありました。



山歩きと写真 | 18:40:36 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。